--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぴーこ

yukiさ~ん!!大変だったんですね~(T_T)
↓の記事を読んでいたら、ウチのダンナかと思っちゃいました!!おかげで感情移入ができて、yukiさんと一緒にムカムカしちゃいました(笑)。

男ってのは結局、「自分が1番」なんでしょうね~!!子供を産んでからつくづくそう感じます。私が「ご飯作るからポンと遊んでて~!」と言ってもテレビ見てるし・・、ポンが「いないいいないば~」を見ていても黙ってチャンネル変えやがったりする事もあるし・・・ポンが寝ていても平気ででかい声でしゃべるし・・。もちろん家事も手伝いません!!なのに口ばかりうるさくって(怒)
すみません。。。私の愚痴になっちゃいましたね(笑)。

ダンナを頼りにすればする程、頭に来るので、頼りにせず、お互い頑張りましょうね!!!!あっ!ちなみにポンもパパっ子じゃありません(笑)。やはり私の忠実な手下のようです(笑)。

息子さん、なんてかわいいぴーすなんでしょう♡このかわいい笑顔に癒されちゃいますね~♪

10

29

13:55

いの

お元気が少し戻られて なによりです。

だんなさん 丈夫なかたとお聞きしました。
それも なによりです。

現代の女性は大変です。
大家族ではないため 一つしかない手が常にふさがるから 休む間もないことになると 前回 書かせていただきました。
乳児や幼児がいれば このことが実はとても大変です。 疲れるし 目が離せないしで・・・。

縄文時代の平均寿命は35歳とか言われています。
織田信長が 敦盛の舞で じんかん♪50ねん♪と謡ってますがあのころは50歳ぐらい。現代の日本は、80歳を越すような 北欧とならんで世界一の長寿です。
 これは、料理をされるかた(主に女性)が 栄養のバランスを考えて、カロリーや年齢期のことや 食べ物の旬などを考え しかも美味しくつくっているということも影響しています。
 
 仕事をしたら 寿命が延びるのか? 
それとも 美味しく栄養のあるものを食べたら寿命が延びるのかを考えてみれば、 料理担当(主に女性)のかたに 感謝とともに  昔よりも うんと 手がかかっていたり アイデアが考えられていることを男性は 推察しなくてはなりません。

 それに 子供に字を教えたり 勉強の基礎をつくったり いろいろな体験をさせて社会勉強させたり 情調をはぐくんだりと 現代の女性の子育てには 時間がかかるのです。昔よりも うんと。

 また、家の中は コンセントがあったりいろいろな危険が隠れています。
昔だったら 3階建てとか4階建ての窓から落ちるようなリスクは子供にはありませんでしたし、  乳児や幼児からは目を離しにくいのが現代です。 
母親がシャンプーしてうつむいているうちに お風呂の中で足をすべらせた幼児が…なんて悲しい入ースも時々あります。 洗濯機や風呂おけに小さい子供が行ったら危険なのです。 乳児や幼児がいると、熱も出すし ぐずって寝ないしふだんでさえ手がかかります。 

 男ではとうてい耐えられないぐらいの 細かいたくさんの事を同時に気ににしなくてはならないのが女性。 夕方には一休みしたいぐらいにくたくたで そこに ちょうど 疲れた夫が帰ってきます。

 だんなさんは、
自分でできることは率先して自分でするようにしないと 奥さんはとても疲れ切ってしまいます。
 
 テレビのチャンネル  あれ持ってきて  これ片付けて  ビールとって・・・全部 自分の足で動けます。
現代で疲れるのは 仕事でくたくたになる男性だけではないのです。

 共働きなら、男性も家の中で動くのは必須ですからまだ何とかなります。

問題は 専業主婦の場合です。
 男性には 甘えが生じます。 
決して 女性の育児の 家事の もろもろの大変さをわかろうとしないのです。
 ああできるはず こうすれば合理的 と 理屈で考えるのですが、その理屈は 現実の家事と育児をやったことがないため 知らないことや 実感できていないことだらけで 想定を間違うのです。

お仕事たいへんね といたわってくれる部分は よき妻なら必ずあるはずですから、ちょっとしたことは すべてだんなさんが自分で動いて済ませるように したほうがいいです。

 お子様ひとりですら大変です。
授乳期など寝る時間もなかったでしょう。これから子供が大きくなれば違った形で手がかかるようになります。それに 次の子供を天から授かるやもしれないのに・・・

 妻は部下の女性事務員ではありません。
同じだけ忙しい そして疲れているときもあるパートナーです。
そのうえで たいがいのところで譲ってくれ続けているはずです。 
 自分でものを取りに行くぐらいのことで 
うんと助かるぐらいに疲れてるときもあるのです。
そういう小さな気遣いだけで 愛情が伝わり 喜んでもらえるのですから。

 いい奥さんは得がたいものです。
健康と同じで いつも身近だと ありがたさがわからないです。
健康に気をつけるように、奥さんのh疲労度や疲労感に気をつけなくては 時々 大爆発されますよ。  それが外に出なくなったときには 貯め込んでそまって 心の風邪をひいて元気がでなくなってしまう病気になったりとか

 子供が大切なら、それ以上に 奥様をお大事に と思います。
世の中 だてに ×いちの男達であふれかえっているわけではありません。
なくなってから 大切にすればよかったでは もたいないですよ。お帰りになったときに 疲れておられることでしょうが そこは 奥様も疲れていると お考えになられて いたわるのは相身互いにと 思われます。

 とんでもなく長いっす。 削除ください。  






10

28

20:29

momo

息子ちゃんの行動(ピース)可愛すぎるね(*^-^*)
そういう成長もyukiさんが本を読んだり教えているからなんだよね☆

子どもはちゃんと見ているはずから、しゃべるようになればもっともっとyukiさんを助けてくれるよ♪きっと!
私もそう思って娘に希望をもっている(^^;

娘はようやく笑顔も食事の量も元気だった頃に戻ったよ。
ただ、イヤイヤは今でもあるから自我の芽生えなんだろうな。
裁縫は今のうちに練習しておかないと、毎回馬鹿なミスが必ずあって縫い直すんだ…表に出るはずのものが裏側についていたり^^;笑える

10

28

18:23

りすあす

息子くんのピース、かわいい~~!!
かわいすぎる~~!!
きちんと見ているのですね♪
もしもしもかわいいです★

前記事読みました。
yukiさんは、いつもすごいなぁって思っていたので、爆発もアリですね!!
旦那さんは、忙しそうなのに、きちんと食事の準備、掃除をこなしているし・・・。
私は、だいたい掃除は手抜き・・・。
みかねた夫が日曜日、掃除をしております・・・。
どんだけ、手を抜いているんだ・・・わたしは・・・。
でも、育児も仕事!共働きなのですから、家事は分担しないといけないですよね。
外国で専業主婦に時給をつけるとしたら。。。というTVを見ていたら、忘れたけど(笑)かなり高額でしたよ!それだけ、育児がきついということみたい。
というのを見て、さらに家事が手抜きになったワタクシです(笑)

10

28

15:04

管理者にだけ表示を許可する

10

28

コメント

ぴーす

みなさん、前回の記事にたくさんの心温まるコメントありがとうございます。
しかも、熱い長文で貴重な時間を割いて頂き、本当に感謝です。

あれから夫は反省したのか、していないのかはよくわかりませんが、ある重要なものを紛失したり、息子に冷たくされたのには参ったらしい。
息子はやはり私の忠実な手下であるらしく、パパに非常に冷たく接している。
いつもならパパ出勤時には玄関に駆けて行くのに、『いないいないばあっ!』に夢中で無視、もしくは、片手間に「ばいばい」だけ言っておしまい。
(いつもはパパが出勤してからテレビを見せるが、ここ数日はオープニングから見せたので)
名前を何度呼ばれても知らん振りしたり、1歳児、恐るべし。

息子とはもっと遊ぶようにするらしいが、どうだろうか。
だって、今夜は飲み会、明日はゴルフと飲み会・・・・・・・・本当に反省しているのか!?

IMG_0491_20081028123352.jpg

「もしもし」ができるようになった息子。
私の耳にもあてて「もしもし」してくれ、必ず『はい』と元気よく言う。

IMG_0475.jpg

酸味のある食べ物は受け付けなかった息子、ようやく食べられるように(少しだけ)。
みかん、口に一瞬つけては出して、「すっぱ」という顔を繰り返す。
徐々に口の中が慣れたところで、ようやく食べる。
嫌いじゃないらしい。

IMG_0499_20081028121033.jpg

(ぶれてるけど)このポーズをして、私のところに呼びに来た息子。
私が理解できずにいると、「一緒に来い」と引っ張る息子。

IMG_0502.jpg

そして、本(五味太郎さんの『うしろにいるのはだあれだ』)を指差して、自分を見ろと。

「!!」

なるほど。
最後のページで女の子が「ピース」しているのだけど、前の晩読み聞かせしているときに、息子の指を使って「ピース」をしてあげた(もちろん片手のピース)。
それを覚えていて、自分なりにこの「ぴーす」。
なるほど。

ぴーす。
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ←クリックしてもらえると、順位がぐんぐん上がります。

ぴーこ

yukiさ~ん!!大変だったんですね~(T_T)
↓の記事を読んでいたら、ウチのダンナかと思っちゃいました!!おかげで感情移入ができて、yukiさんと一緒にムカムカしちゃいました(笑)。

男ってのは結局、「自分が1番」なんでしょうね~!!子供を産んでからつくづくそう感じます。私が「ご飯作るからポンと遊んでて~!」と言ってもテレビ見てるし・・、ポンが「いないいいないば~」を見ていても黙ってチャンネル変えやがったりする事もあるし・・・ポンが寝ていても平気ででかい声でしゃべるし・・。もちろん家事も手伝いません!!なのに口ばかりうるさくって(怒)
すみません。。。私の愚痴になっちゃいましたね(笑)。

ダンナを頼りにすればする程、頭に来るので、頼りにせず、お互い頑張りましょうね!!!!あっ!ちなみにポンもパパっ子じゃありません(笑)。やはり私の忠実な手下のようです(笑)。

息子さん、なんてかわいいぴーすなんでしょう♡このかわいい笑顔に癒されちゃいますね~♪

10

29

13:55

いの

お元気が少し戻られて なによりです。

だんなさん 丈夫なかたとお聞きしました。
それも なによりです。

現代の女性は大変です。
大家族ではないため 一つしかない手が常にふさがるから 休む間もないことになると 前回 書かせていただきました。
乳児や幼児がいれば このことが実はとても大変です。 疲れるし 目が離せないしで・・・。

縄文時代の平均寿命は35歳とか言われています。
織田信長が 敦盛の舞で じんかん♪50ねん♪と謡ってますがあのころは50歳ぐらい。現代の日本は、80歳を越すような 北欧とならんで世界一の長寿です。
 これは、料理をされるかた(主に女性)が 栄養のバランスを考えて、カロリーや年齢期のことや 食べ物の旬などを考え しかも美味しくつくっているということも影響しています。
 
 仕事をしたら 寿命が延びるのか? 
それとも 美味しく栄養のあるものを食べたら寿命が延びるのかを考えてみれば、 料理担当(主に女性)のかたに 感謝とともに  昔よりも うんと 手がかかっていたり アイデアが考えられていることを男性は 推察しなくてはなりません。

 それに 子供に字を教えたり 勉強の基礎をつくったり いろいろな体験をさせて社会勉強させたり 情調をはぐくんだりと 現代の女性の子育てには 時間がかかるのです。昔よりも うんと。

 また、家の中は コンセントがあったりいろいろな危険が隠れています。
昔だったら 3階建てとか4階建ての窓から落ちるようなリスクは子供にはありませんでしたし、  乳児や幼児からは目を離しにくいのが現代です。 
母親がシャンプーしてうつむいているうちに お風呂の中で足をすべらせた幼児が…なんて悲しい入ースも時々あります。 洗濯機や風呂おけに小さい子供が行ったら危険なのです。 乳児や幼児がいると、熱も出すし ぐずって寝ないしふだんでさえ手がかかります。 

 男ではとうてい耐えられないぐらいの 細かいたくさんの事を同時に気ににしなくてはならないのが女性。 夕方には一休みしたいぐらいにくたくたで そこに ちょうど 疲れた夫が帰ってきます。

 だんなさんは、
自分でできることは率先して自分でするようにしないと 奥さんはとても疲れ切ってしまいます。
 
 テレビのチャンネル  あれ持ってきて  これ片付けて  ビールとって・・・全部 自分の足で動けます。
現代で疲れるのは 仕事でくたくたになる男性だけではないのです。

 共働きなら、男性も家の中で動くのは必須ですからまだ何とかなります。

問題は 専業主婦の場合です。
 男性には 甘えが生じます。 
決して 女性の育児の 家事の もろもろの大変さをわかろうとしないのです。
 ああできるはず こうすれば合理的 と 理屈で考えるのですが、その理屈は 現実の家事と育児をやったことがないため 知らないことや 実感できていないことだらけで 想定を間違うのです。

お仕事たいへんね といたわってくれる部分は よき妻なら必ずあるはずですから、ちょっとしたことは すべてだんなさんが自分で動いて済ませるように したほうがいいです。

 お子様ひとりですら大変です。
授乳期など寝る時間もなかったでしょう。これから子供が大きくなれば違った形で手がかかるようになります。それに 次の子供を天から授かるやもしれないのに・・・

 妻は部下の女性事務員ではありません。
同じだけ忙しい そして疲れているときもあるパートナーです。
そのうえで たいがいのところで譲ってくれ続けているはずです。 
 自分でものを取りに行くぐらいのことで 
うんと助かるぐらいに疲れてるときもあるのです。
そういう小さな気遣いだけで 愛情が伝わり 喜んでもらえるのですから。

 いい奥さんは得がたいものです。
健康と同じで いつも身近だと ありがたさがわからないです。
健康に気をつけるように、奥さんのh疲労度や疲労感に気をつけなくては 時々 大爆発されますよ。  それが外に出なくなったときには 貯め込んでそまって 心の風邪をひいて元気がでなくなってしまう病気になったりとか

 子供が大切なら、それ以上に 奥様をお大事に と思います。
世の中 だてに ×いちの男達であふれかえっているわけではありません。
なくなってから 大切にすればよかったでは もたいないですよ。お帰りになったときに 疲れておられることでしょうが そこは 奥様も疲れていると お考えになられて いたわるのは相身互いにと 思われます。

 とんでもなく長いっす。 削除ください。  






10

28

20:29

momo

息子ちゃんの行動(ピース)可愛すぎるね(*^-^*)
そういう成長もyukiさんが本を読んだり教えているからなんだよね☆

子どもはちゃんと見ているはずから、しゃべるようになればもっともっとyukiさんを助けてくれるよ♪きっと!
私もそう思って娘に希望をもっている(^^;

娘はようやく笑顔も食事の量も元気だった頃に戻ったよ。
ただ、イヤイヤは今でもあるから自我の芽生えなんだろうな。
裁縫は今のうちに練習しておかないと、毎回馬鹿なミスが必ずあって縫い直すんだ…表に出るはずのものが裏側についていたり^^;笑える

10

28

18:23

りすあす

息子くんのピース、かわいい~~!!
かわいすぎる~~!!
きちんと見ているのですね♪
もしもしもかわいいです★

前記事読みました。
yukiさんは、いつもすごいなぁって思っていたので、爆発もアリですね!!
旦那さんは、忙しそうなのに、きちんと食事の準備、掃除をこなしているし・・・。
私は、だいたい掃除は手抜き・・・。
みかねた夫が日曜日、掃除をしております・・・。
どんだけ、手を抜いているんだ・・・わたしは・・・。
でも、育児も仕事!共働きなのですから、家事は分担しないといけないですよね。
外国で専業主婦に時給をつけるとしたら。。。というTVを見ていたら、忘れたけど(笑)かなり高額でしたよ!それだけ、育児がきついということみたい。
というのを見て、さらに家事が手抜きになったワタクシです(笑)

10

28

15:04

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yuki

Author:yuki
子どもとの毎日。

最近の記事+コメント

カテゴリー

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  04  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ブログ内検索

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。